[クレジットカードのブランド比較]学生・新社会人におすすめの最初の1枚

【初めてのクレジットカード比較】お得で安心な楽天カードを選ぼう!

初めてのクレカ選びの3つのポイント!

 

 

楽天の公式サイトにGO!

 

初めてのクレカなら年会費永年無料のブランドで選ぶ!

「お試しでクレカ作りたいけど、年会費かかるなら辞めようかな・・・。」」
「ぜんぜん使わなくても年会費ってかかるの?何だか損した気分・・・」

 

一般的なクレジットカードは、利用の頻度に関わらず年会費がかかり、解約手続きをしなければずっと年会費が発生してしまい利用者の負担となっていました。

 

でも楽天カードなら年会費は永年無料だから、利用頻度も更新時期も気にする必要がありません!

 

初めてのクレジットカードなら、年会費が永久無料の楽天カードがおすすめです!

 

楽天のクレジットカードは何年たっても年会費が無料の永年無料!

楽天のクレジットカードは永年無料です。
その名の通り年会費が何年たってもかからないので、もしクレジットカードを使用しなくなっても費用がかかることは絶対にありません。

 

年会費がかかってしまうクレジットカードを選んでしまうとクレジットカードを持っているだけで費用がかかってしまう為、初めての方にはおすすめできません。

 

初めてクレジットカードを申し込む場合はまだ使い勝手がわからない状態なので年会費はかからないクレジットカードを選びましょう。

 

 

 

初めてのクレカならポイント還元率0.5%以上のブランドを選ぶとお得!

「結構クレジットカードで支払ったけどポイントが思うように貯まらないなぁ・・・」
「周りのみんなは結構ポイント貯まってるみたいだけど、なんで自分は貯まらないんだろう・・・」

 

クレジットカードで支払う最大のメリットはポイント還元にありますが、クレジットカード会社によってその還元率は様々で、年会費無料のクレカはポイント還元率が0.5%程度と低いので思うように貯まりませんでした。

 

しかし楽天カードは年会費無料なのでポイント還元率が2倍の1.0%と業界でも高水準!
一般的な年会費無料のクレジットカードと比べて2倍も貯まりやすくなっています!
例えば毎月の家賃が5万円でそれをクレカで支払うと500円分のポイントが貯まります。
それを一年貯めると6000円分にもなり生活用品などちょっとした物がタダ同然で買えるようになります!

 

楽天のクレジットカードは最大ポイント還元率が4.0%と業界最高水準!

楽天のクレジットカードは楽天市場で買い物をするとポイント還元率が1.0%から4.0%へ大幅グレードアップします。

 

例えば楽天で服を2万円分購入してクレカで支払いをすると1%のポイント還元率でしたら200円分のポイントになります。
しかし、楽天カードは楽天でお買い物をすると4倍の還元率になるので2万円分の服を買ったら4%の還元率になり800円分のポイントが貯まる事になります!

 

楽天市場は国内最大級のネット通販で無い物が無いくらい色々な品物が揃っていますから、何か欲しいと思ったら楽天市場で買い物をするとポイントがザクザク貯まってお得です。

 

そうでなくても一般的な年会費無料のクレジットカードのポイント還元率が0.5%に対して楽天カードは1.0%と2倍もお得なので他のクレジットカードよりも貯まる事はあきらかです。

 

初めてのクレジットカードならポイント還元率が業界最高水準の楽天カードがおすすめです。

 

初めてのクレカなら補償が充実したブランドで選ぶ!

「クレジットカードを持って無くして誰かに使われたりしないか不安・・・」
「クレジットカードを誰かに使われ続けて気づかない内に限度枠一杯使われてたらどうしよう・・・」

 

クレジットカードはその支払の便利さとは裏腹に不正利用という問題が付き物です。
特にネットショッピングはカードが手元にあれば本人でなくても誰でも使えてしまうので気づかない内に限度枠一杯に使われてるなんてことも・・・

 

しかし楽天カードはそんな不正利用を補償期間内なら使われてしまった金額を完全補償してくれるので安心です!

 

楽天のクレジットカードは紛失、盗難、不正利用されても完全補償!

楽天のクレジットカードは万が一クレジットカードを紛失、盗難されて誰かに勝手に使われる不正利用に対して使用されてしまった金額の全額保証など完全補償体制を備えています。

 

しかもその補償期間は業界最長の90日!

 

不正利用が発覚して楽天カードにその旨を連絡してから90日さかのぼって全額補償してくれます。
一般的な年会費無料のクレジットカードが平均60日前までの補償に対して楽天カードは90日前まで補償。

 

年会費無料でここまでの補償期間はなかなかありません。

 

初めてクレジットカードを持つ場合、しっかりと補償が整ってるクレジットカードにした方が絶対にいいです。

 

初めてクレジットカードを持つ多くの人が楽天カードを選ぶ理由がわかりますね。

 

 

楽天の公式サイトにGO!


[初めてのクレジットカード比較]クレカの特徴を比較してみよう!

初めてのクレカ選びは3つの特徴を重視!

 

3つの条件を満たしているクレカはこちら!

 

クレジットカードの特徴を比較!

「クレジットカードって色んな機能があってどれがいいのかわからないな・・・」
「とにかく一番良いクレジットカードが知りたい。初めて持つクレカで最適なのってなんだろう・・・」

 

クレジットカードは支払だけではなく、様々な便利、お得機能があって初めてクレカを持つ人は迷ってしまいます。
かといって適当に決めるとあとで良いクレカを見つけて後悔することも・・・

 

だからこそしっかりと特徴を比較して一番良いクレジットカードを見つけましょう!
初めてクレジットカードを作る多くの人が選ぶ3つのクレカブランドの特徴を比較すると楽天カードが断トツでいいのがわかります!

 

クレジットカード名

楽天カード

三井住友カード

イオンカード

楽天カード

三井住友カード

イオンカード

永年無料

X

ポイント

還元率

ポイント2倍の1.0%

0.5%

0.5%

対象者-◇-

◇アルバイト

X

◇学生

X

◇新社会人

◇主婦

X

補償内容-〇-

〇不正利用

補償日数

90日

60日

61日

〇海外旅行

保険

X

国際ブランド-☆-

☆VISA

☆JCB

X

☆Master

Card

X

 

 

楽天カードは有名な他のカードと特徴比較しても圧倒的なお得さ!

楽天カードは初めてクレジットカードを作る人の多くがこのどれかを選ぶと言われておりますが、特徴を比較すると楽天カードが圧倒的なお得さをかもしだしています。

 

楽天カードは年会費無料で、ポイント還元率も2倍の1.0%、不正利用補償期間も長く、海外旅行保険もついていて、年会費無料とは思えない補償額の高さです。

 

こうやって特徴を比較すると初めてクレジットカードを選ぶ人は楽天カードを選んでおけば間違いないと言えます。

 

 

 

 

年会費がかからないクレジットカードの還元率は平均0.5%!

クレジットカードの還元率は各会社毎様々ですが年会費無料のクレジットカードの還元率は大体0.5%に収まります。

 

0.5%は実際還元率として高いのかいうと年会費無料のクレジットカードなら普通です。
年会費有料であれば2%とかありますが一年に一回会費を払うのでその分当然高くなります。

 

実際計算してみたらポイントが貯まるより年会費の方が高かったなんて事もあるので初めてクレジットカードを作る人ならまずは年会費無料の還元率0.5%以上のクレカを選ぶのが無難です。

 

そこでポイントの貯まり方を経験してから年会費有料のクレカを選んでも遅くはありません。

 

年会費無料のクレジットカードで還元率が0.5%以上のクレカは高還元率と言える!

年会費が無料のクレジットカードで1.0%の還元率があったら俗に言う”高還元率”のカードと言えます。

 

それもそうです。大体の年会費無料のクレジットカードが0.5%のに対して2倍の1.0%ですからポイントの貯まり方も一般的な年会費無料のクレジットカードより2倍も高いという事です。

 

ただ、年会費無料で1.0%を提供しているクレジットカードは中々見つかりません。

 

何故かというと、クレジットカード決済は基本的にお店側がクレジットカード決済会社に手数料を支払って負担しています。

 

手数料率は様々ですがクレジットカード決済会社への手数料率が平均約3%くらいで、クレジットカード会社に支払われる手数料はその半分の1.5%〜2.0%くらいです。

 

そうすると、1.0%の還元率を提供してしまうとクレジットカード会社の売り上げの約50%前後をユーザーに支払っているのと同じになりますので売り上げがたてにくくなるので殆どが0.5%という還元率を設定しています。

 

しかし年会費無料で1.0%の高還元率を実現しているクレジットカードは中々ありませんが、初めてクレジットカードを作る人に人気な楽天カードは年会費無料で高還元率の基準である1.0%の還元率を提供しています。

 

楽天カードは基本的に審査を緩くして多くのクレジットカードをユーザーに提供しています。
要は薄利多売形式で利益をあげているので1.0%という高還元率を実現してるのです。

 

 

ポイントの還元率と交換方法を比較!

楽天カード

三井住友カード

イオンカード

楽天カード

三井住友カード

イオンカード

ポイント獲得方法

クレカ支払いで自動で貯まる

クレカ支払いで自動で貯まる

クレカ支払いで自動で貯まる

ポイント使用方法

楽天サービス全般

公式カタログから景品を選択

公式カタログから景品を選択

楽天ポイント提携店

電子マネーに等価交換

電子マネーに等価交換

電子マネーに等価交換

提携店での使用

-

マイルに交換

-

-

交換できる電子マネー

楽天Edy

楽天Edy

WAON

-

WAON

-

-

nanaco

-

-

iD

-

 

 

 

こうやって比較するとよくわかりますが楽天カードのポイントは使い先が色々とあるので自分の目的に合った使い方ができそうですね。

 

楽天のサービスは買い物から旅行までありとあらゆるサービスが整っていますのでまず使い先に困る事はないでしょう。

 

それに対して三井住友のクレカとイオンカードは電子マネーの交換か公式のカタログでしかポイントを交換できないので非常に限定的になってしまいます。

 

そうなるとポイントを頑張って貯めても使い道があまりなくそこまで得した気分にならないかもしれません。

 

 

電子マネーに交換すると得する事

ポイントは楽天Edyのような電子マネーに交換する事ができます。
該当の電子マネーが対応しているお店ならポイントを使う事はできますが対応していないと当然使う事はできません。

 

なので対応しているお店が多くある楽天Edyが一番おすすめです。

 

楽天EdyはWAONやiDなどの電子マネーの中でもトップクラスに使えるお店が多いです。

 

コンビニはもちろんマクドナルドなどの大手チェーン店や家電量販店など様々な所で使う事ができます。

 

三井住友にも楽天Edyに交換はできますがそもそも還元率が楽天カードの半分しか貯まらないので損ですね。

 

 

還元率が0.5%と1.0%でそれぞれ年間100万クレカで支払った場合のシュミレーション!

還元率が0.5%と1.0%ではポイントが貯まる速度が倍違う事になります。
下記はクレカを年間100万使用した比較です。

 

 

年間使用額

ポイント還元率

貰えるポイント

100万円

0.5%

5000P

100万円

1.0%

10000P

 

 

 

見ての通り倍の差がありますので楽天カードのような高還元率のクレジットカードを選ばないと使用額が大きければおおきいほどどんどん損していく事になります。

 

例えば携帯代で毎月1万円を還元率1.0%の楽天カードで支払っているとすると一年で1200Pもらえるのに対して一般的なクレカの平均である還元率0.5%のクレカで支払うと一年で600Pと50%減になってしまいます。

 

 

クレジットカードを初めて選ぶなら高還元率の楽天カード選へば損する事はありません。

 

 

クレジットカードの還元率が高いととてもお得な理由!

クレジットカードの還元率が高いと貯まるポイント量が全然違うのでお買い物で使えるポイント額が貯まりやすかったり交換できる景品等が豪華になります。

 

還元率が低いとその分貯まるスピードも低いのでいくらポイントで交換できる景品が豪華であってもそれを交換するのに多額の使用額が必要だったり、貰えるポイント自体もそこまでうまみがありません。

 

一方還元率が高ければその分豪華な景品とポイント交換できる期間が縮まったり貰えるポイント額が結構な額になってポイントで欲しい商品がまるごと買えたりします。

 

ただ、注意してほしいのはクレジットカード初心者がやりがちな事で還元率2〜3%などのの高還元率の年会費有料クレカを作ってしまう事です。

 

年会費有料のクレジットカードは年会費無料に対して確かに高い還元率を提供しています。
ですが、年会費有料なので正直ポイント交換じゃなくてもその年会費分の料金で買えちゃうよね?っていう事になってしまうんです。

 

クレジットカードに慣れた中級〜上級者にはいいかもしれませんが初めての人は年会費無料のクレジットカードをもてばお得に使いこなせる事は言うまでもありません。

 

 

クレジットカードの支払で貯まったポイントの使い方を紹介!

クレジットカードの支払いで貯まったポイントは基本的に貯まったポイントで商品を買う、もしくは割り引くか景品、商品券などに交換できます。

 

クレジットカード会社によってそれは違うので確認が必要ですが基本的にこの2択になります。

 

マイルと交換できるクレジットカード会社もありますね。

 

【ポイントの使い方例】楽天カードの場合。

楽天カードで貯まる楽天ポイントはどのような事に使えるのか一部まとめました。

 

  • 楽天ショッピングモールでの購入時に使用
  • 楽天トラベルでの宿泊、交通、航空費などの予約時に使用
  • 楽天ブックスで本、雑誌、DVD、CD、TVゲーム購入時に使用
  • 楽天ポイントカード加盟店での使用
  • etc....

 

まだその他にめちゃくちゃあります。

 

楽天ポイントは貯めるとかなりお得で色々なサービスに利用できそうです。

 

ポイント制度を取り入れてるネットショップでクレカ支払すれば2重にポイントが貰えてお得!

クレジットカードでポイント制度を取り入れているネットショップで支払いをするとお店のポイントとクレジットカードのポイントが貰えるので実質還元率はかなりあがります。

 

例えばお店のポイントが100円=1Pだとして、クレジットカードの還元率が1.0%だった場合、合計で2.0%のポイントがもらえたのと同等になります。

 

もし現金で支払ってしたらお店分の1.0%しかつきませんのでめちゃくちゃ損です。

 

高還元率のクレジットカードで支払いをしていつでも倍以上のポイントを獲得できるようにしておきましょう。

 

クレジットカードのポイントには有効期限があるものもあるので注意!

クレジットカードのポイントは殆どのクレジットカード会社で有効期限が設定されています。
しかもその設定方法も様々です。

 

ポイントを使用してないと一か月以内に無効になってしまうクレジットカードも存在します。

 

なのでクレジットカードのポイントは有効期限の更新方法をあらかじめチェックしておくことをおすすめします。

 

せっかくクレジットカードで支払ってポイントを貯めたのに有効期限が切れて失効してしまったなんてかなり損ですからね・・・

 

有効期限の更新タイプはクレカ一回使用更新タイプのクレジットカードを選ぼう!

クレジットカードの有効期限更新タイプは何がいいのかといいますと、一回使用更新タイプが断然おすすめです。

 

この更新タイプは

 

「クレジットカードで支払いをしてポイントが1ポイントでもつけば有効期限をのばすよ」

 

といったものです。

 

この更新タイプにすれば一回でも使用すれば有効期限が延長されるので失効するという事はまずないでしょう。

 

ただ、一年とか使用してないとさすがに失効してしまうのでスマホ代や生活費の一部でもいいのでクレカ支払をしておくといいでしょう。

 

有効期限の一番おすすめの更新タイプは”最後にポイントを獲得した月を含め1年間有効”のクレカ

有効期限更新タイプは一回使用更新タイプがいいと先程説明しましたが、それに加えて更新年月が長い方がいいです。

 

一回使用更新タイプは有効期限の更新が3か月や半年、一年と様々です。

 

やはり更新期限が長ければ長い程失効の可能性は低くなるので最低でも一年の有効期限がある方がいいです。

 

一年の有効期限を設けてくれるクレジットカードは一番有名なのが楽天カードです。

 

楽天カードは一年有効期限で楽天カードを一回使用して1ポイントでも貯まれば自動で更新してくれます。

 

例えば17年10月に楽天カードを使った場合、自動でポイントの有効期限が18年10月になります。

 

こうなってくると有効期限がないようなもんですね。

 

また、一年も有効期限を設けてくれるとクレジットカードを使わなきゃ!という焦りもないので一年更新型の楽天カードはオススメです。


【初めてのクレジットカード比較】学生や新社会人は審査が甘いブランドがおすすめ!

学生・社会人におすすめの3つの理由!

 

 

楽天の公式サイトにGO!

 

楽天のクレジットカードは学生が初めて選ぶNo1!みんな持ってる楽天カード!

「まだ学生だけどしっかりと審査とおるのかな・・・?」
「アルバイトはやっているけどこの収入で審査落ちたりしないのかな・・?」

 

高校を卒業して晴れて学生になり初めてクレジットカードを持とうと思っても十分な収入がなかったりすると気になるのが審査です。
通常クレジットカードは収入が無いと審査に落ちてしまい作成する事ができませんでした。

 

しかし楽天のクレジットカードなら学生でもアルバイトでも審査OK!
学生のほとんどが最初に選ぶカードNo1が楽天カードなんです。
それほど学生でもアルバイト収入でも審査が通るという事なので初めてクレジットカードを作るなら楽天カードがおすすめです!

 

楽天カードは学生や新社会人にもクレジットカードを発行していて審査も緩い!

楽天カードは学生や新社会人で収入がまだ安定してない時期でも審査をしてくれます。
しかもその審査も他のクレジットカードと比較してみてもかなり緩いです。
初めてクレジットカードを作成するには良いカードですね。

 

楽天カードは無収入の学生でも審査を通してくれる率が高い!

楽天カードは無収入の学生でも親に収入があれば問題なく審査を通してくれる事が多いです。
学生の場合、勉学に専念したいという事でアルバイトをしてない人も多いのでそうなると当然無収入です。
そうするとクレジットカードの審査は通らないと思っている方も多いと思いますが、楽天カードは無収入の学生の方には親が収入がある場合のみ審査してくれます。
なので、アルバイトをしてない無収入の学生さんは楽天カードを選んでおけば間違いないです。

 

 

楽天カードは信販系のクレジットカード!信販系は審査が緩い理由とは?

「楽天カードが審査が緩いって良く聞くけど根拠はないんでしょ?」
「どこのクレジットカードも同じくらいの審査基準なんじゃないの?」

 

クレジットカードは基本的に三井住友などの銀行系が主流で審査も厳しいので初めてクレジットカードを持つ人には一定以上の収入がないと審査が通りませんでした。

 

 

しかし楽天カードは信販系のクレジットカードなので他のクレカと違って審査がとても通りやすいのです。
なので学生や新社会人で初めてクレジットカードを持つ多くの人に選ばれています!

 

【審査が通りやすい理由その1】信販系のクレジットカードはそもそもローンやキャッシングで成り立っている会社

楽天カードのような信販系のクレジッカードが何故審査が通りやすいかといいますと、
信販系の会社はローンやキャッシングなどのお金を貸してその利息で経営が成り立っています。

 

逆に言ってしまえば審査を厳しくしてクレジットカードを発行しないのは商品を売ってないのと同じなので利益がでません。

 

なので審査を他のクレジットカードよりも緩くしてたくさん発行してたくさん使ってもらおうという事で特別審査が緩いんです。

 

【理由2】信販系のクレジットカード会社が審査を厳しくすると売り上げが下がってしまう。

信販系のクレジットカード会社が審査を厳しくしてしまうと肝心の売り上げが上がらないので審査を緩くしている傾向にあります。

 

信販系の会社はお金を借りてもらわないとその分利息で売り上げを出す事ができなくなってしまうので単純に売り上げが下がってしまいます。

 

そうするとお金を貸したくても貸せない状況になり、最悪会社が倒産してしまいます。

 

なので審査を銀行系と同じくらい厳しくしてしまうと返済不可になるお客さんはでにくくなってリスクは低くなりますが、肝心の売り上げが全然あがりません。

 

逆に銀行系は黙っていても預金などでお金は集まってくるので審査を緩くしてリスクを冒す必要はないのです。

 

楽天カードは信販系なので審査が緩い!学生・新社会人でも審査が通る確率が高い!

楽天カードは学生や新社会人、アルバイトの方でも発行可としており、その審査基準も非常に緩いので初めてクレジットカードを作る人にはおすすめのカードと言えます。

 

信販系のクレジットカードは審査が緩いのが特徴で、楽天カードもその信販系のクレジットカードになります。

 

まずクレジットカード入門として楽天カードは最適だと言えます。

 

【楽天カードの信販系でも審査が通らない理由】携帯料金やその他支払いで延滞・不払いしてない??

「審査が緩い楽天カードでも自分は審査通るのかな・・?」
「審査が緩いと言ってもどういう基準を満たしていれば審査が通るのかな・・?」

 

いくら審査が緩い楽天カードでも100%かならず審査通過するとは限りません。
ネットでも「楽天カード落ちた!!」という声も少なからずあるのは事実です。

 

しかし楽天カードは携帯料金やその他支払いで延滞・不払いしてなければ楽天カードはほぼ審査が通ると思って間違いありません。

 

携帯料金などの支払いで延滞・不払いしていなければまず大丈夫!

初めてクレジットカードを作る場合まず見られる基準は携帯料金や公共料金の支払いの延滞や不払いです。

 

一度延滞や不払いをしてしまっていると楽天カードのような審査が緩いクレジットカードでも審査通過は難しいと考えた方がいいです。

 

ただ、延滞といっても正常入金日(引き落とし日)から通常61日以上の入金が無い場合を指しますのでうっかり引き落とし日に支払いを忘れてただけでは延滞には基本的になりません。

 

しかし61日以上たたない場合でも引き落とし日に支払をせず、再引き落としを繰り返してると延滞となる事もあります。

 

そういう事がなければ審査落ちの心配はまずありません。

 

携帯料金などの支払いで延滞・不払いしていてもその後約5年間しっかり支払えば審査通過できる可能性!

もし携帯料金や公共料金などの支払いを延滞・不払いしてしまっても約5年間しっかりと支払をしていれば審査は通る可能性があります。

 

ただ、これもクレジットカード会社によってしまいますが楽天カードは基本的に約3〜5年で審査通過してという声が多いですね。

 

延滞や不払いしてしまったが約3年はちゃっと延滞や不払いなく支払をしているという方は申し込みしてみてもいいと思います。


【初めてのクレジットカード比較】不正利用を補償してくれるブランドなら安心!

クレカを紛失して不正利用されても大丈夫!

 

 

不正利用も完全補償!楽天カードはこちら!

 

不正利用でも完全補償のクレカなら安心!

「不正利用されてお金が返ってこなかったらどうしよう・・・」
「不正利用ってクレジットカード会社は補償してくれるのだろうか・・・」

 

一般的なクレジットカードは、不正利用の届出があった日から平均60日前まで遡って補償されますが、補償期間が短く全額補償されないケースが多くありました。

 

でも、楽天カードなら不正利用の届出から90日前まで遡り全額補償してくれるから安心です!

 

初めてのクレジットカードは、補償期間が業界最長の楽天カードがおすすめです。

 

 

紛失でも盗難でも平均約60日前までさかのぼって全額補償

不正利用といっても色んな場面があります。
例えば紛失して第三者の手にわたり使用されてしまう事。
または盗難にあって使用されてしまう事です。

 

クレジットカード会社は紛失でも盗難でもしっかりと補償してくれるので安心です。
ただし、クレジットカード会社毎に補償期間はバラバラなのでしっかりと確認しましょう。

 

クレジットカードを比較する時は補償期間を確認しておこう。

一般的なクレジットカードは大体60日前までさかのぼって補償してくれますが、楽天カードはまさかの90日前までさかのぼって補償してくれます。

 

この補償期間が長ければ長いほど安心と言えます。

 

例えば不正利用されたのが10月1日だとして請求日が10月31日だとしたら、通常不正利用に気づくのは10月31日になります。

 

不正利用の補償は申請した日からさかのぼる事になるので10月31日に申請したら8月31日までの期間が補償対象となります。

 

もし10月31日の時点で不正利用に気づかないともしかすると補償期間が切れてしまうかもしれません。

 

なので補償期間はなるべく長いクレジットカードを選んだ方がいいです。

 

楽天カードは90日以内補償と業界最長クラス!安心のクレジットカードなら楽天カードがおすすめ

楽天カードは一般的なクレジットカードの中でも群をぬいて補償期間が長いです。
しかも年会費無料で90日の補償期間は異例とも言えます。

 

おそらく年会費無料でここまでの補償期間を設けているクレジットカードは楽天カードだけでしょう。

 

なので初めてクレジットカードを持つ人におすすめなのは楽天カードと言えます。

 

紛失や盗難があってもクレカ会社に連絡すればすぐに利用停止してくれる。

「不正利用を補償してくれるといっても一旦お金盗られちゃうのやだな・・・」
「一時的でも口座からお金が無くなるのは困る!」

 

クレジットカードには不正利用の補償がありますが使われてしまって請求日まで気づかないと口座から自動的に引き落とされてしまいます。

 

でもクレジットカードにはそうなる前に連絡すれば即カード機能を停止してくれます。
楽天カードは電話一本でその場で利用停止してくれるので安心です。

 

利用停止したクレジットカードは二度と使えない。

クレジットカードを紛失、盗難されてサポートセンターに連絡して利用停止したクレジットカードはもう絶対使えません。

 

例えば紛失したクレジットカードが見つかった場合、盗難されたけど犯人が捕まってクレジットカードもかえって来た場合など、利用停止申請していればサポートセンターに連絡しても再機能させる事は不可能ですので、不正利用を気にして生活する必要はありませんので、ご安心ください。

 

クレジットカードを紛失、盗難されて利用停止してもすぐに再発行してくれる。

「クレジットカードを利用停止したらまたクレジットカードを作らなきゃならないの?」
「また審査通すの面倒くさい・・」

 

クレジットカードが紛失・盗難されて利用停止したらそのクレジットカードはもう二度と使う事はできませんでした。

 

しかし楽天カードなら、再審査などの面倒な手続きなしですぐに発行してくれるから不便がありません。

 

初めてのクレジットカードなら、補償期間が業界最長の楽天カードがおすすめです。

 

 

再発行したクレジットカードは番号も全て変わるので注意。

クレジットカードは再発行されたものはすぐに使う事ができます。

 

ただし、クレジットカードの番号等カード情報は全て変わってしまうので注意が必要です。

 

例えば楽天市場やamazonに再発行前のクレジットカードが登録されている場合はまた再登録する必要があります。


[用途で選ぶ初めてのクレジットカード比較]生活費はクレカ払いがお得!

クレカで生活費を支払えば現金よりもお得!

 

 

業界最高のポイント還元率!楽天カードはこちら!

 

H3:ポイント高還元率のクレジットカードで生活費を支払えばポイントががっつり貯まってお得!
「クレジットカードで生活費を支払うくらいなら現金がいいな・・・」
「クレジットカードで生活費とか支払っても特にメリットなんかないでしょ?」

 

クレジットカードによってはただ支払が便利なだけで現金で支払うのと対して変わらない場合がありました。

 

しかし楽天カードはポイント還元率が業界最高基準の1.0%なのでクレジットカードで生活費等支払った方がポイントがどんどん貯まってお得なんです!

 

H4:生活費を現金で支払った場合とクレジットカードで支払った場合で比較!
例えば一般的な一人暮らしの大学生の生活費の平均額は年額にすると下記の数値になります。

 

食費

260,000円

住居・

光熱費

471,000円

保健

衛生費

44,000円

娯楽・

嗜好費

146,000円

その他

費用

172,000円

 

この生活費を楽天カードのような高還元率のポイント還元率1.0%だった場合、下記のようになります。

 

 

食費

260,000円

2600P

住居・

光熱費

471,000円

4710P

保健

衛生費

44,000円

440P

娯楽・

嗜好費

146,000円

1460P

その他

費用

172,000円

1720P

合計

1,093,000円

10930P

 

 

 

 

なんと現金ではなくクレジットカードで支払った場合年額で10930Pもお得なんです。
逆を言ってしまえば現金で支払っていると10930P分損しているとう事です。

 

また、これが楽天カードではない一般的な平均ポイント還元率0.5%の場合その半分の5475Pになります。

 

クレジットカードのポイント還元率も楽天カードのような高還元率の物を選ぶべきだとわかりますね。

 

初めて選ぶクレジットカードでポイントつかないクレカは持ってても損!

「クレジットカードは作れれば特になんでもいいんだけどな・・・」
「別にポイント無くても支払いできればいいんだけど。」

 

クレジットカードのポイント機能はあくまでも付属サービスなので本来の支払いさえできればいいと思う人多いと思います。

 

しかし楽天カードのポイント還元率1.0%をあなどってはいけません!ポイント機能があるクレカとそうでないクレカだと万単位で損している可能性があります。

 

そんな損をしない為にも楽天カードを選んでおきましょう!

 

ポイントがつくなら何でもいいのではない!

ポイント機能があるクレジットカードならどこの会社でもいいという人がたまにいますがそんな事はありません。
しっかりとポイント還元率を見ておかないと後々後悔する事になるでしょう。

 

例えば一般的なクレジットカードのポイント還元率は大体0.5%なのですが、この場合年間の使用額が100万だった場合は5000ポイントがクレジットカード会社から還元されます。

 

でもポイント還元率が1.0%の楽天カードは同じ使用額なら10000ポイント還元される事になります。

 

そうです。一般的なクレジットカードと比べると2倍違う事になるのでポイントが付くクレジットカードもしっかりと還元率を見ておけば損しないという事ですね。

 

クレジットカード会社によってポイントの還元率は違う!

クレジットカード会社によってポイント還元率はバラバラです。

 

例えば年会費をいくらかとっているクレジットカード会社でしたらポイント還元率2.0%等高水準の物もありますがここは年会費との兼ね合いですね。

 

初めての場合は年会費無料でポイント還元率が高い楽天カードを選んでおけば面倒な計算も必要ないのでおすすめです。

 

 

 

初めて選ぶクレジットカードはポイント高還元率のものを選ぼう!

「ポイント還元率っていっても年会費無料だとどこも0.5%くらいだよ・・・」
「やっぱり高還元率のクレジットカードは年会費がかかるもんなんだ・・・」

 

クレジットカードで1.0%以上のポイント還元率は年会費がかかる物がほとんどで年会費無料のクレカは大体が0.5%の還元率が相場でした。

 

しかし楽天カードは年会費無料な上にポイント還元率は業界最高水準の1.0%!年会費無料なのにここまで高水準なのはなかなかありません!

 

初めてクレジットカードを作るならポイント高還元率でお得な楽天カードがおすすめです!

 

 

クレジットカードのポイント還元率とはなにか?

ポイントの還元率とは言っても実際還元率ってなんなのか知らないという方もいるかと思いますのでここで解説致します。

 

ポイント還元率とは要するにキャッシュバックみたいな物で利用額に対していくらポイントが貰えるのかという指標みたいなものです。

 

例えばクレジットカード決済で10000円支払ったとして100円相当のポイントが返ってくる場合は10000円の1%が100円になりますのでポイント還元率1.0%となります。

 

50円相当のポイントが返ってくるなら0.5%の還元率となります。

 

クレジットカードの還元率が低いと還元率が高いクレカと比べて貯まりやすさが歴然!

クレジットカードの還元率は低いのと高いのだとポイントの貯まりやすさが全然違います。

 

例えばポイント還元率が0.5%だった場合と1.0%だった場合とでは単純にポイントの貯まりやすさは倍違う訳ですから貯まりやすさは歴然ですね。

 

また、クレジットカードによってはある一定の条件をクリアするとポイント還元率が4.0%とかなりの高水準になる物もあるのでその条件等も確認した方がいいでしょう。

 

楽天カードは業界でも高水準の最大4.0%のポイント還元率!

楽天のクレジットカードは通常利用でも1.0%という業界最高水準のポイント還元率をもっていますが、楽天市場でネットショッピングを利用する際に楽天カードで支払いをするとなんと最大4.0%のポイント還元率になります!

 

楽天カードの特典をフルに使ってポイントをどんどん貯めていきましょう!


[20代が選ぶ初めてのクレジットカード]常識!お得になるクレカの活用法

学生、新社会人でクレジットカードは今や必須!

 

 

学生、新社会人が選ぶNo1クレカはこちら!

 

20代でクレジットカードを初めて持つ割合は今の時代とても多い!

「クレジットカードをそんな早くもたなくても別にいっか・・・」
「20代でクレジットカードなんてみんなもってないでしょ」

 

クレジットカードを20代前半で持つ方は以前はとても少ない傾向にありました。

 

しかし今や20代のクレジットカードの保有率は75%と多くの方が保有してる事になります。
その中でも楽天カードは初めて選ばれるカードNo1です!

 

クレジットカードをもたず、現金にこだわって20代をすごすと後々損する。

よく20代の方で「クレジットカードは使いすぎて怖いから現金のみにしている」という人がいらっしゃいますが、実はその考えは後々損してしまう場合があります。

 

というのもクレジットカードやローンなど基本的にお金を借りるという行為は信用が必要になります。
この信用が少なかったり無かったりするといくら年収があって貯金があって借金してなくてもいざという時お金をかしてくれない事が多いです。

 

例えばです。

 

年収280万の20代の人は借金をしているけど毎月きっちり延滞もなく支払いをしているのに対し、
年収500万の30代の人で一度も借金をした事がなく、返済という実績が無い場合はどちらが信用されるかというと前者のほうです。

 

それに年齢があがれば上がるほどこの信用審査は厳しくなっていきます。

 

つまり、20代という信用がまだ全然ないのが当たり前の時期にクレジットカードのような信用を貯める登竜門をくぐっておかないと後々車のローンや家のローンの審査がおりなかったり、仮に審査が通ったとしても希望額に届かない場合があります。

 

また、クレジットカードの審査を年齢を重ねるにつれてより厳しくなっていきます。

 

なのでまずは楽天カードのような20代の方に積極的に発行しているクレジットカードを作って信用を貯めた方がいいのです。

 

 

20代のうちにクレジットカードを持ってみんなに遅れをとらないようにしよう!

クレジットカードの20代の保有率は男女合わせて約75%です。
これはクレジットカードの国際ブランドであるJCBが毎年おこなっている調査によって判明しています。

 

つまりクレジットカードを20代で保有しておかないとこの75%の人に信用面で遅れをとってしまうという事です。

 

75%の人に遅れをとらないように審査が通りやすい20代の内に作っておきましょう!

 

楽天カードは20代で初めて作る人が多い!

楽天カードは20代の初めてクレジットカードを作る方の多くに選ばれております。
その理由は年会費が永年無料でさらにポイント還元率も高く、紛失、盗難されて不正使用されてしまってもその金額を90日前までさかのぼって全額保証してくれたり、海外旅行の際に怪我や病気になった時の治療費を負担してくれる保険もあったりと補償面も充実していて審査も通りやすいので一番選ばれているのでしょう。

 

クレジットカードはこれから生きてく上で信用を貯める登竜門です。

 

初めてクレジットカードを作る人も安心して作れて多く選ばれている楽天カードを作っておきましょう!。

 

なくてはならないネット通販!クレジットカードの支払いはもはや20代の常識!

「銀行振込だとショップ側の入金確認があって発送まで時間かかるな・・」
「銀行口座に現金どれだけあったっけ?確認するの面倒くさいな〜」

 

もはや生活の一部となっているネット通販は便利ですが入金確認での発送遅れや銀行に現金があるか確認しなければならない事が結構面倒でした。

 

しかしクレジットカードならそんな煩わしさから解放されます!
入金確認も即できて発送も早く、銀行にいくらあるか確認せずともよくなります!

 

ネット通販を現金で支払うと様々なデメリットが・・・

ネット通販は現金で購入するとさまざまなデメリットがある事がわかります。
それをいくつか紹介いたします。

 

【デメリット1】クレカに比べて発送が遅くなる。

現金で支払うとネットショップ側は入金確認をしなければなりませんのでその確認の待ち時間がそのまま発送の待ち時間となります。

 

しかも通常銀行の口座反映は15時で締め切ってしまう為、15時以降の支払ですと翌日の確認、発送となってしまいます。

 

ですがクレジットカードで支払えばネットショップ側ですぐ把握できますので即発送準備にとりかかってくれます。

 

【デメリット2】現金だとポイントで損する場合がある。

現金で支払うとクレジットカード決済時につくはずのポイントがつきません。
という事はクレカで支払うのと現金で支払うのとでは実質ポイントの還元分現金支払いの人が損しているという事になります。

 

ですからクレジットカードで支払えば普段の買い物の総額からいくらか戻ってくるのでとってもお得なんです。

 

【デメリット3】現金だと支払いが割と面倒臭い。

現金ですと大体の方が銀行振込が現金書留を利用するかと思います。
銀行振込はいちいち手入力で入力しなければなりませんし、15時以降の振込は振込先の名前も記入しなければなりません。

 

この名前を間違えると振込が正常にされずにお金が戻ってきてしまい振り込み手数料も返ってきません。

 

現金書留の場合はお金をまず手元に用意しなければならず、手数料も結構高いです。

 

クレジットカードでしたら入力すればネットショップ側が登録しててくれますし、楽天カードは手数料も一括の場合かかりません。

 

ネットショップはクレジットカードがあった方が断然便利ですので作っておいて損はありません。

 

 

【卒業旅行・海外出張】クレカを持ってないと非常に損!

「卒業旅行で海外にいくけどもし怪我や病気になったらどうしよう・・」
「海外出張先で所持品を盗まれたりしないだろうか・・・」

 

出張や卒業旅行で海外に行くと環境も治安も日本と違って体調を崩したり思わぬ犯罪に巻き込まれる可能性があるものです。

 

しかし楽天カードを持っていれば体調不良で通った現地の病院代も所持金の窃盗などの犯罪にあっても補償してくれます!

 

現金の場合、海外通貨の両替手数料がクレカよりも高額!

海外に現金を持っていく際に必ず空港か銀行で日本円から他国通貨に両替をしなければなりませんが、その手数料が結構高いんです。

 

一回の手数料で1000円以上してしまう事もあります。

 

しかしクレジットカードのキャッシング枠を作っておけば一か月以内に返せばクレジットカード会社によりますが100〜300円程度で他国通貨を引き出す事ができるのでとてもお得なんです。

 

海外旅行保険が付いているクレカなら万が一病気になっても補償してくれる!

海外にいって一番心配なのが病気や怪我です。
日本国内なら国民保険がありますし、言葉も当然通じますから問題ないですが、

 

海外ですと保険なんてありませんので治療費もすべて実費になりますし、日本人や日本語スタッフが常駐していない病院ですと言葉の問題もあります。

 

ですが海外旅行保険付のクレジットカードを保有していれば治療費も補償額以内でしたら全額補償してくれます。

 

また、海外旅行保険付きのクレジットカードはサポートセンターもあるので病院の方と代わりに現地語で状況を伝えてくれるので安心です。

 

補償額についてはクレジットカード会社によって補償限度額が違いますので確認しておきましょう。

 

初めてクレジットカードを作る多くの人が選ぶ3つのクレカブランドで補償額を比較してみました。

 

 

クレジットカード名

楽天カード

三井住友カード

イオンカード

楽天カード

三井住友カード

イオンカード

-補償額-

-傷害死亡

後遺症-

2000万

2000万

-

-傷害治療-

200万/回

50万/回

-

-疾病治療-

200万/回

50万/回

-

-賠償責任-

2000万/回

2000万/回

-

-携行品損害-

20万/年

15万/年

-

-救援者費用-

200万/年

100万/年

-

【各補償の詳細】

アンカーリンク→クレジットカードの旅行保険補償内容を解説!
※メモ:内部リンク→個別4)「クレジットカード 比較 初めて 安心」

 

 

 

 

楽天カードが断トツで補償額がいいので楽天カードを持っておくのが無難です。

 

 

クレジットカードの特典で空港ラウンジが利用できる事も。

クレジットカードの特典として空港ラウンジというものがあります。
空港ラウンジとは一般客と別に特別に優待された待合室みたいな物です。

 

そこではゆったりとくつろぎながら出発時間を待つことができます。

 

通常そういう空港ラウンジを使うとなると有料なんですが、クレジットカードを保有していればその特典で空港ラウンジを無料で利用する事ができます。

 

ただしどのクレジットカードもその特典があるわけではないので注意してください。

 

 

楽天カードは海外利用可!空港ラウンジも海外旅行保険も付いてきてメチャクチャお得!

楽天カードはすごい所は年会費無料ながら海外利用可能で空港ラウンジも利用でき、海外旅行保険がついてくる所です。

 

通常このくらいのサービスになると年会費は6000円以上かかるのが普通ですが永年無料なのでめちゃくちゃお得ですね。

 

2017年にはハワイ・ワイキキに楽天カード会員専用のラウンジができました。

 

それだけではなく全国各地の空港でのラウンジも利用できます。

 

これほどまでに特典が詰まったクレジットカードは他にありませんので楽天カードはクレジットカードを初めて作る方には最適で一番お得なクレカと言えます。

 

この機会に作っておきましょう!