【20代初めてのクレジットカード】年齢別でのクレジットカード比較

【20代からの初めてのクレジットカード比較】クレカを作る3つのポイント!

【20代からの初めてのクレジットカード比較】クレカを作る3つのポイント

 

「クレジットカードは年会費無料ならなんでもいいのかな・・?」
「みんなが持っているクレカがいいな・・」

 

クレジットカードは400種類以上もあり初めて選ぶクレジットカードはどれにすればいいのかとてもわかりずらい状況でした。

 

しかし楽天カードならネットショップでも使えてポイントも貯まり分割手数料も2回まで無料なので初めてクレジットカードを作るなら最適なクレジットカードです。

 

年会費も永年無料で20代で初めてクレジットカードを作る多くの人に選ばれています。

 

あなたも初めてクレジットカードを作るなら楽天カードにしておけば間違いありません!

 

みんなが最初に選ぶクレカはこちら

 

 

20代でクレジットカードをもっていればネットショップの支払いなど利便性が高まる!

クレジットカードを作っておくとネットショップの支払いが迅速にできてわずらわしい銀行振込はしなくてもよくなり、お店側も支払確認が容易なので発送などが早くなります。

 

下記のグラフはマイナビがクレジットカードに関するアンケートをとった際のグラフです。

 

20代でクレジットカードを作る人の大半は「ネットショッピングの決済の為」と「現金がなくても買い物ができる」が約半数以上を占めていて要は現金決済よりもクレジットカード決済の方が便利だからみんなクレジットカードを作っているんですね。

 

 

クレカ作った理由

参照元:https://www.j-credit.or.jp/information/download/investigation_result16.pdf

 

また、例えばamazonや楽天などのネットショップだとクレジットカード情報を登録しておけば銀行振込のようにいちいち入力しなくていいのが魅力です。

 

買いたいと思った時にスムーズに買えます。

 

 

【20代からのクレジットカード】現金ではなくクレカで支払えばポイントが貯って日用品がポイントで買えてお得!

クレジットカードにはポイント還元という機能がついている事があってクレジットカード決済をすればその決済した金額の数%分ポイントが貰えてその貯まったポイントで提携店の商品がポイントで購入する事ができます。

 

ポイント還元とは例えばポイント還元率1%だったら100円買ったら1ポイントもらえるという事です。

 

このポイント還元率はクレジットカード会社によって違うのでクレジットカードを初めて作る際は注意が必要です。

 

何故かというとこのポイント還元率を確認せずに適当にクレジットカードを作ってしまうとポイントの貯まり方が2倍違うからです。

 

通常の年会費無料のクレジットカードですとポイント還元率は大体0.5%程度なので1万円分クレジットカード決済をすると50ポイント貰える事になります。

 

ただ、楽天カードなどの年会費無料で高還元率のクレジットカードだとポイント還元率1%になります。

 

すると1万円分クレジットカード決済をすると100ポイントもらえる事になります。

 

同じ金額クレジットカード決済しても2倍違うという事はポイント還元率0.5%を選ぶと実質2倍損している事になります。

 

なのでクレジットカードを選ぶ際には楽天カードのようなポイント還元率1%の高還元率のクレジットカードを選びましょう!

 

楽天カードでポイントを貯めれば楽天Edy(エディー)でそのポイントを提携店舗で使える!

楽天カードを作ってポイントを貯めれば楽天Edyという電子マネーで提携店舗でポイント支払ができるようになります。

 

楽天Edyは楽天が提供してる電子マネーサービスで提携店舗は100企業以上になります。

 

おそらく主要のコンビニやスーパー、外食チェーンなど大体の所で楽天Edyの電子マネーが使えるんです。

 

基本的にクレジットカードのポイントというのはその貯めたポイントの提携先でしか使用できません。

 

例えばビッグカメラの家電量販店のお店でポイントカードを作ったとして、そこで貯めたポイントをマクドナルドで使う事はできないんです。

 

ですが楽天カードで貯まる楽天ポイントは楽天Edyに交換する事ができるのでポイントそのまま電子マネーで使用する事ができます。

 

なので楽天ポイントでマクドナルドの電子マネー決済ができるという事です。

 

楽天ポイントは楽天Edyのおかげで他のポイントサービスに比べて万能なのでとても便利なサービスです。

 

楽天Edyの使い方は公式サイトでわかりやすく動画でも説明されていますので興味がある方は見てみてください。

 

楽天Edyの使い方:https://edy.rakuten.co.jp/howto/

 

 

また、楽天Edyで決済できるお店や公共施設は合計100以上あるので基本的にどこでも使えます。

 

ここで書いて紹介するとかなりの量になってしまうので使いたいお店があるかどうか公式サイトで探してみてください。
かなりわかりやすく書いてあるので探すのも楽だと思います。

 

https://edy.rakuten.co.jp/search/merchant/

 

クレジットカードで分割決済を使うなら分割手数料2回まで無料を選ぼう!

クレジットカードには分割決済という支払方法がありますが、この分割決済手数料が2回まで無料の所を選ぶとかなりお得です。

 

分割決済とは例えば10万円の支払を2回の分割決済で申請すると支払を5万、5万の2ヶ月で支払う事ができるクレジットカード会社のサービスです。

 

学校や仕事で使用するパソコン、ipadのようなタブレットや家電等の比較的高額な物を負担なく支払いたい場合に使用する決済手法です。

 

現金支払いだと家電屋さんに「来月また来て半分払うねー」なんて事できません。

 

ただ、クレジットカードの分割決済の場合はお店側に一旦クレジットカード会社が支払う形になるのでこの分割決済ができるようになります。

 

そのかわり分割決済は基本的に手数料がかかりますので元金よりも多く支払うという事になります。

 

しかし、この分割手数料を2回までなら無料にしてくれるクレジットカードがあります。

 

それは楽天カードです。

 

分割手数料2回まで無料という事は例えば10万円の決済をして分割2回申請しても元金は変わらず10万という事になります。

 

分割2回払いは家電や電化製品など比較的高額な物を購入する時に意外と使うサービスです。
学生や新社会人、主婦の方にはかなり助かるサービスと言えます。

 

これが手数料無料で利用できるのでもし利用できないクレジットカードを作ってしまうと余分な手数料を払う事になる為大変な損になってしまいます。

 

なので分割手数料2回まで無料のクレジットカードを選んだ方が得なのです。

 

みんなが最初に選ぶクレカはこちら


【20代で初めてのクレジットカード】クレジットカードを持っている人は約80%!

80%の人がクレジットカードを持っている。

クレジットカードを20代で持っている人は約82%と大半の人が持っており、もうクレジットカードを持つことが20代の常識となっています。

 

下記のグラフはマイナビが行った20代のクレジットカードの調査アンケート結果から出した物です。
持っていない人は14.5%なのに対してクレジットカードを持っている人は家族カードも合わせると85%でクレジットカードを持っていない人はちょっと恥ずかしい思いをするかもしれません。

 

80%の人がクレジットカードを持っている。

参照元:https://www.j-credit.or.jp/information/download/investigation_result16.pdf

 

クレジットカードは20代になったなら即作っておいた方が他の人に遅れをとらずに済むのでまずは楽天カードのような初めて作る多くの人に選ばれるクレジットカードを作っておきましょう。

 

学生で初めてクレジットカードを作って持っている保有数は2人に1人!

日本クレジット協会の調査によると学生で初めてクレジットカードを作り保有している人は2人に1人という結果がでています。

 

クレジットカードを何故作ったのかという質問に対して下記3つが最も多い理由です。

 

  • 現金がなくても買い物できる。
  • ネットショップでの決済が簡単
  • 海外旅行の際に必要

 

スマホの普及でamazonや楽天などのネットショップでのショッピングが普通になってきてたのでやはり「現金がなくても買い物できる」と「ネットショップでの決済が簡単」というのは上位にきますね。

 

あとは現金で支払うよりもクレジットカードで支払った方がポイントも貯まるという利点もあります。

 

次に多いのが「海外旅行の際に必要」というものです。

 

学生だと社会人と違って海外旅行に行きやすいですし、勉学の為に海外留学する人もいます。

 

海外でクレジットカードはとても役にたち便利な存在です。

 

クレジットカード会社にもよりますが例えば楽天カードですと海外旅行保険という現地で病気や怪我、事故等会った時に補償してくれる保険がありますし支払もクレジット決済にすれば自動で現地の通貨にしてくれます。

 

また、もし盗難にあってもクレジットカードだったら現金と違って補償されるというのも利点です。

 

もし海外旅行や海外留学に行く場合は楽天カードのような海外旅行保険のあるクレジットカードを作っておくといいでしょう。

 

参照元:https://www.j-credit.or.jp/information/download/investigation_result13_170321.pdf

 

 

【20代で初めてのクレジットカード】クレカを作ると便利になる毎日!みんなの体験談!

20代で初めてクレジットカードを作る人が多いのはクレジットカードを作れば生活自体がかなり便利になるからなんです。

 

そこでクレジットカードを持つことによってどう便利になってどう役にたったのかの体験談を紹介いたします。

 

あなたもこの体験談を通して自分にとってどれだけ便利になって役にたつのかをイメージできたらと思います。

 

家電やパソコンなどの高額な物がクレジットカードなら分割で買えてさらにポイントも貯まる!

 

大学のレポート用にクレジットカードでパソコンを分割購入してさらにポイントもついてそのポイントでUSBも買えちゃった!

 

東京都 Aさん(21才)

大学の授業でレポート作成があるのでパソコンを買わなければならなかったのですが、一人暮らしなので引っ越し費用とか家具など一式揃えてお金に余裕はあまりありませんでした。

 

ですがその当時CMでやってた楽天カードが分割決済ができて学生でも作れるという事で申し込みしてみました。

 

そしたら一週間くらいでクレジットカードが届いたのでこれでパソコンを楽天のネットショップで分割2回払いで購入しました。

 

すると、そのパソコンが9万円くらいだったんですが楽天カードで楽天のネットショップで購入するとポイントか4倍になる事もあって3600ポイントも貰えちゃったんです!

 

そのポイントでUSBを購入しました。

 

2回に分けて支払ったので月45000円だったのでちょっとキツかったですが9万円支払うよりも全然楽だし、手数料もなかったし、さらにはポイントもかなり貰えたので本当にお得で楽天カードを作ってよかったなと思いました!

 

クレジットカードの分割決済は回数が決められるが手数料がかかる事もあるので注意!

上記の体験談で分割決済を行っていますが分割決済は通常手数料がかかります。

 

分割決済は自分自身で何回までかを選択できてその回数によって手数料が違います。

 

下記は楽天カードの分割手数料表です。

 

支払回数

支払期間(ヶ月)

実質年率(%)

3回

3

12.25

5回

5

13.50

6回

6

13.75

10回

10

14.50

12回

12

14.75

15回

15

15.00

18回

18

15.00

20回

20

15.00

24回

24

15.00

30回

30

15.00

36回

36

15.00

参照元:https://www.rakuten-card.co.jp/service/payment/easy/

 

 

表を見ただけだとちょっと難しいと思うので詳しい計算方法は公式ページをみて頂きたいのですが例を出すと例えば9万円を6回払いにすると手数料が年率13.75%になります。

 

すると手数料は3672円となり元金9万円と余分に3672円支払わなければならないという事です。

 

なので分割払いは月々の支払を低くする変わりに手数料がかかるというサービスになっています。

 

分割手数料が2回まで無料なお得なクレジットカード!【楽天カード】

クレジットカードの分割決済は基本的に手数料がかかるのですが楽天カードは2回まで分割手数料がかかりません。

 

楽天カードは20代で初めてクレジットカードを作る人に向けて他のクレジットカード会社ではないようなサービスを提供しています。

 

分割手数料2回まで無料もその内の一つです。

 

クレジットカードを初めて作成して高額な物を分割で購入する場合は楽天カードにした方が無難です。

 

 

【風邪をひいた、育児に手が離せない!】クレジットカードがあればネットスーパーも利用できる!

風邪をひいた時や小さいお子さんの育児など身体が思うようにうごかない、手が離せない人にうれしいネットスーパーがあるんですが、クレジットカードを作っておくとこのネットスーパーが利用できるようになります。

 

下記の体験談は24歳主婦の方で育児が大変な方からの投稿です。

 

静岡県 Bさん(24)

私は初めての出産、育児で何もかもが手さぐり状態なので本当に買い物にも行く余裕がなかったです。
ですがネットスーパーというのを知ってこれがクレジットカードの支払に対応していて15時までに注文すればその日中にスーパーの方が配達してくれるという事もあってすごく重宝しています。

 

楽天カードで支払っているので普段の食材を買うだけでもかなりポイントがたまるので子供用品などをポイントで買ったりしています。
母の時代にはこういうサービス自体なかったので本当にいい世の中になったなと思いました。

 

クレジットカードとネットスーパーのおかげで育児に専念できるのは本当にありがたいです。

 

 

楽天ポイントアップカレンダーでポイント10倍ゲット!楽天カードならポイントが貯まりやすい!

楽天カードを使ってポイントをより貯めたいのなら楽天ポイントアップカレンダーを見れば一目で貯まりやす日がわかります。

 

楽天ポイントアップカレンダー:https://calendar.rakuten.co.jp/cal/6286/

 

楽天ポイントアップカレンダーはポイントアップデイやお得なキャンペーンなどが記載されているカレンダーでその特定の日に楽天で買い物をするとポイント10倍なんかもあったりします。

 

日用品から小型家電等楽天カードでポイントアップデイを意識して購入したりするとポイントの貯まり方が尋常では無い程貯まります。

 

主婦の方や一人暮らしの学生の方はこのポイントアップカレンダーを見ながら買い物をするとかなり節約になるので有効活用しましょう!

 

 

 

 


20代学生、新社会人、主婦の場合初めてのクレジットカードの申し込み方を解説!

クレジットカード申し込み方を解説

 

クレジットカードを初めて作る場合、どうやって作るのかわからない人も多いので解説いたします。
やり方は結構簡単です。

 

また、学生や専業主婦など基本的に収入源が無い場合や親バレしない為にはどうするのか、未成年でもクレジットカードは作れるのか等その辺も解説致します。

 

今回は初めてクレジットカードを作る多くの人が選ぶ楽天カードを例に解説していきます。
基本的に申し込み方法はクレジットカード会社では変わりませんので安心してください。

 

 

クレジットカードの申し込みには収入と職業を記入する必要があります。

クレジットカードは一旦クレジットカード会社がお金を建て替える事になるのでちゃんと後に払ってくれるのかを見極める為に収入や職業を記入する欄がありそれを記入する必要があります。

 

楽天カードの申し込みの場合は下記のように詳細な職業ではなくて勤めているかどうかという選択肢になります。

 

クレジットカード申し込み方を解説

 

ちなみに専業主婦の方はお勤めされてない方になりますので専業主婦の場合はそれを選択しましょう!

 

学生でアルバイトをせず仕送りで生活している場合の収入は「0」と記入すればOK

学生でアルバイトをしない人の収入記入欄は基本的にゼロと記入すれば大丈夫です。

 

学生で仕送りをしてもらって学業に専念しているという人もいると思いますし、実家住まいでアルバイトをしていないという人もいると思います。

 

その場合は職業を学生にして収入記入欄は「0」にしましょう。

 

楽天カードの場合は職業欄を「学生の方」にすると収入について選択する所があるのでない場合は「なし」を選択しましょう。

 

また、勤めてなくて収入が無い場合は大体の預金金額を選択するところがあるので大体の金額を選択しておきましょう。

 

 

クレジットカード申し込み方を解説

 

 

初めてのクレジットカードを作った事が親バレしたくない場合は自分の携帯のみ記入しよう。

20代の学生でクレジットカードを作った事が親にバレたくない場合は電話番号の記入欄を自分の携帯番号のみを記入するようにしましょう。

 

実家の自宅の電話番号を載せておくと稀に実家にクレジットカード会社から電話がかかってきてしまう事があります。

 

これは絶対にというわけではなく、審査の過程で何か確認事項がある場合にかかってきます。

 

その時実家の親が電話にでたら確実にバレますので注意が必要です。

 

楽天カードの場合は自宅の固定電話か携帯電話のどちらかでいいので携帯電話を記入しておけば実家に連絡が行くことはまずありません。

 

 

クレジットカード申し込み方を解説

 

 

20代以下の未成年のクレジットカード申し込みは親の同意が必要です。

20歳以下の未成年の場合、学生であっても会社員であってもクレジットカードの申し込みは親の同意が必ず必要になってきます。

 

なのでクレジットカードを作った事をバレたくなくても20歳以下の未成年は絶対に無理です。

 

ちなみに親の同意は電話連絡で親本人に直接電話、さらには身分証明書も必要となってくるので友達や知人を使って親を装る事も不可能です。

 

もし未成年の方でしたらちゃんと親の同意をもらってからクレジットカードを作成するようにしましょう。

 

 

18歳以下の高校生や中学生などの未成年は親の同意があってもクレカは作れません。

未成年であっても18歳以下の高校生や中学生などはいくら親の同意があってもクレジットカードは作成できません。

 

クレジットカードは社会的信頼が必要となります。

 

つまり自分で責任をとれる人にしかクレジットカードは所有できないのです。

 

18歳以上ですと一旦青年として大人の第一歩として認められます。
ただ、社会的信頼はまだ低く、自分自身で責任をとれない可能性があるので親の同意が必要なのです。

 

つまりは親が子の責任を担うわけですね。

 

20歳以上の成人になればはれてもう大人ですから親の同意なくとも自分の責任は自分でとる事はもう当たり前なのです。

 

なのでクレジットカードが親の同意がなくとも作成できるのです。

 

18歳以下の人はクレジットカードがもてるようになるまで少し待ちましょう。

 

 

20代新社会人1年目でクレジットカードを申し込む時の年収は大体の計算でOK!

新社会人1年目はまだ勤めて1年たってないので申し込み時の年収は大体の計算で算出した金額を記入すればOKです。

 

例えばあなたの月の給料が支給額で20万だった場合、年収は240万と記入すればOKです。

 

支給額で手取りではありませんので注意です。

 

また、残業代やその他手当、ボーナスなどはまだ不確定なので書かない方が無難です。

 

大体の金額と言ってもあまりにも金額差がでてしまうと虚位の記入となって審査落ちしてしまう可能性もありますので注意しましょう。

 

ちなみに楽天カードでしたら下記のような記入例となります。

 

 

クレジットカード申し込み方を解説

 

 

クレジットカードのリボ払いでボーナス払いができるようになります。

クレジットカードのリボ払いでボーナスのような多めの給料がでた場合、返済額を多く返すボーナス払いができるようになります。

 

リボ払いとは分割払いと違って回数ではなく、支払額を自分で決めて返済するというシステムです。

 

例えば10万円クレジットカード決済をしてリボ払いにしたとします。

 

分割の場合は6回というように回数で決めてその回数で金額を割って返済額を決めますが、リボ払いは「月1万円づつ返済」というように金額で決める事ができて、多く返済できる月はクレジットカード会社に申請して多めに返済できるようになります。

 

分割払いと違って自分に無理なく返済できて収入が多ければ多く支払い、臨時で支出が多くなった場合返済を減らすという事ができるとても自由度が高い決済方法になります。

 

20代で初めてクレジットカードを作る場合の限度額の平均を年収別で比較!

クレジットカードを初めて作る場合、あなたの年収や職業によって限度額は決まってきます。

 

限度額はあくまで審査の段階でクレジットカード会社が決める事で公表はされていませんがおおよその目途はつきますので年収別に限度額が平均でどれほどになるのか表を作成しましたので参考にしてください。

 

年収

平均限度額

学生・100万以下

10万〜20万

200万以下

20万〜50万

400万以下

50万〜300万

600万以下

150万〜500万

900万以下

200万〜800万

1000万以上

300万以上

 

自営か会社員か、フリーターかと職業でも変わってきてしまうかと思いますが大体平均ではこのような感じになります。

 

20代で新社会人で年収が300万くらいだとおそらく30万〜50万あたりが多くて、学生とかになると多くても30万くらいです。

 

それ以上ほしい場合はクレジットカード会社に交渉すると用途目的によっては一時的に上げてくれたりしますので一度相談してみてもいいかもしれませんね。

 

クレジットカードの限度額を超える決済は基本できません。

クレジットカードの限度額は基本的に超える事はできません。

 

事前になにかしらクレジットカード会社に伝えておけばいける事もあるみたいですがまず支払いは通りません。

 

限度額はあなたのセーフティーラインみたいな物で、使い過ぎによる破産から守ってくれます。

 

なのでむやみに限度額をいっぱいにする事は20代初めてのクレジットカードではおすすめしません。

 

まずは与えられた限度額できっちりと返済して支払いをしてと実績を作り信頼を積み重ねていきましょう。

 

 

【パート・アルバイト】20代主婦がクレジットカードを申し込む時は大体の年収を記入する。

クレジットカードの申請時に年収記入蘭はパートやアルバイトをしている主婦の方はその年収を記入しなければなりません。

 

アルバイトやパートをしている場合立派な勤め人なのでしっかりと大体の収入を記入しましょう。

 

この収入記入欄に記入しておけば専業主婦の方よりも限度額が高く、また審査も通りやすくなりますのでメリットがとても高いです。

 

20代専業主婦の場合の職業欄は「専業主婦」か「勤めていない」でOK

パートやアルバイトをしていない専業主婦の場合は「専業主婦」か「勤めていない」を選択、または記入しましょう。

 

楽天カードの場合は専業主婦の方は貯金額を記入する所があるのでそれをしっかりと記入しておきましょう。
この場合、旦那さんの審査があるのか気になる方もいらっしゃると思いますが、旦那さんは審査対象に一応なります。

 

なると言っても電話をかけて確認して身分証明書を確認というガッツリの審査ではなく、あくまでも奥さんが万が一返済できなかった場合に旦那さんにそれを代わりに返済できる能力があるのかどうかです。

 

ただ、これはクレジットカード会社によって方針は変わります。

 

楽天カードの場合は旦那さんの収入や名前、勤め先等記入する所が無いので旦那さんの審査はしていない可能性が非常に高いです。

 

年収記入欄はゼロでOK!旦那さんや世帯年収を書く必要なし!

専業主婦の場合、年収記入欄は「0」でよくて旦那さんの給料を書く必要もありませんし、親と同居の場合、世帯年収も記入しなくて大丈夫です。

 

ちなみに楽天カードは専業主婦の場合収入の記入はありませんので心配いりません。

 

 


20代でクレジットカードを初めて作るなら注意しておきたい事!

クレジットカードで注意しておきたい事

クレジットカードはとても便利な物でお得ですがしっかりと注意しておかないと思いもよらぬ事故を起こす事もあるので注意が必要です。

 

クレジットカードはいわば借金と同じです。

 

一括や2回払いで返済すればなんら問題ありませんが、自分の貯金みたいにガンガン使用してしまうと返済に首が回らないという事になりかねません。

 

一応クレジットカード会社も初めてクレジットカードを作る人にはそうならないように限度額を30万以下に設定するという手段をとっているのでまずそんな事にはなりませんが限度額の上限が上がった際には注意しておかなければなりません。

 

他にも注意するべき事がありますのでそれらを説明していきたいと思います。

 

クレジットカードの分割とリボ払いは別物!リボ払いを利用する時は注意!

クレジットカードの分割決済とリボ払いは別物で特にリボ払いをする時は注意が必要です。

 

分割は回数が少ないほど年率が安くなる傾向にありますがリボ払いはどんな返済額でも年率15%と結構高めでどこのクレジットカード会社も大体15%で固定されています。

 

その結果、リボ払いの場合緩すぎる返済計画にするといつまでたっても返済額が減らないという事態になってしまうので注意が必要です。

 

分割決済は決済回数を決める。リボ払いは支払額を決める。金利手数料も違う。

クレジットカードの分割決済は決済回数で返済額を決めてリボ払いは支払い額で返済額を決めます。

 

これはどういう事かというとリボ払いは自分に厳しく律する事ができる人向けの返済方法なのです。

 

分割の場合は6回と決めたら何がどうあってもその分の返済をしなければなりません。

 

リボ払いは1万と決めたり5000円と決めたりと返済額をころころ変える事ができます。

 

ですが利息は15%と変わりません。

 

リボ払いの場合、分割決済よりもしっかりとした返済計画が必要な高度な返済方法なので自分に甘いなと思う人は利用しない方がいい決済方法なので注意しましょう。

 

クレジットカードを申し込む際に嘘や偽りを記入してはいけません。

クレジットカードを申し込む際にウソや偽りを記入してしまうとそれが悪質だった場合、クレジットカードが作れなくなってしまう可能性があるので注意が必要です。

 

例えば年収記入欄に1000万と貰ってもないのに記入したり職業欄に勤めてないのに超有名な大企業名を書いたりとそういう悪質な事をしてしまうと記録に残ってしまいクレジットカード自体作るのが難しくなるので絶対にやめましょう。

 

クレジットカードは携帯電話や公共料金を延滞、未払いなどの事故歴があると通らない可能性がある。

クレジットカードを作るのに携帯電話や公共料金の延滞や未払いなどの事故歴があると審査自体に通らない可能性があります。

 

20代の場合審査おちする理由が大抵これです。なので携帯電話や公共料金の支払いは確実に行っておきましょう。

 

これさえ行っておけば楽天カードでしたら作るのはそこまで難しくないでしょう!


【20代初めてのクレジットカード比較】ステータス目的でゴールドカードは持つのはおすすめしません。

ゴールドカードステータス目的ダメ

 

20代でクレジットカードを初めて作る時、ゴールドカードがステータスがあってかっこいいとか特典がいっぱいありそうという漠然とした気持ちで契約してしまうと後々損してしまいます。

 

ゴールドカードやヤングゴールドカードは確かにステータスはあるかもしれませんが、当然年会費が一般的なクレジットカードよりも高くなっています。

 

「どんなに損をしてもゴールドがいいんだ!」という人はいいですが、年間に何万も払ってステータスを買うよりかはそのお金で贅沢な外食をしたりアミューズメントパークに行った方がいくらか得です。

 

しかも、ゴールドカードやヤングゴールドカードのようなステータスカードは収入にかなり余裕があったり、しっかりとして目的が無いと宝の持ち腐れになってしまう事が殆どです。

 

20代で初めてクレジットカードを持つ人でゴールドカードにしてしまった人は大体が使いこなせずに高い年会費を無駄に払っています。

 

そんな事にならないように初めてのクレジットカード比較はしっかりとしておきましょう。

 

 

20代で一般的なクレジットカードとセゾンアメックスゴールドカードは比較すると実はそこまで特典が変わらない!

 

一般的なクレジットカードである楽天カードとセゾンアメックスゴールドカードを比較すると特典的にはそこまで変わらない事がわかります。

 

実際に比較表を作ってみたので参考にしてみてください。

 

もしこの比較でゴールドカードの方が得だと思う場合はあなたの生活スタイルにゴールドカードが合っているという事なのでゴールドカードにしても問題ないと思います。

 

ただ、楽天カードの方が得だと思ったならゴールドカードを持っても年会費をドブに捨てるような物なので損しない為にも楽天カードにした方がいいです。

 

クレカ名称

楽天カード

アメックス

ゴールドカード

年会費

永年無料

31320円

ポイント

還元率

1%

0.5%

海外サポート

空港ラウンジ

サービス

海外旅行保険

補償内容

傷害死亡

後遺障害

2000万

1億

傷害治療費用

200万

300万

疾病治療費用

200万

300万

賠償責任

2000万

4000万

救援者費用

200万

400万

賠償責任

2000万

4000万

携行品損害

20万

50万

 

初めてのクレジットカードをステータスだけで決めると損!しっかり比較して決めたい20代のクレカ!

 

しっかりと比較しないでステータスだけで20代記念すべき初めてのクレジットカードで大きく損をしてしまいます。

 

上記の比較表で多少違うのは海外旅行保険の補償金額です。

 

お気づきかもしれませんがゴールドカードは旅行に頻繁に行く人にとっては得になるかもしれないステータスカードです。
この他にもアメックスのゴールドカードは旅行者にとってはうれしいサービスが色々あります。

 

ただ、楽天カードは年会費が無料な上にこの特典ですからめちゃくちゃ得です。
楽天は楽天トラベルもありますから旅行好きの20代でもゴールドカードに引けをとらないサービス内容だと思います。

 

クレジットカードを持つのは便利な支払いもそうですが、いかに現金払いより得するかです。
ステータスだけでクレジットカードを決めて現金払いよりも損したなんて何の為のクレジットカードかわかりません。

 

ステータスだけで初めてのクレカを決めて思わぬ損失をしてしまわないようにしっかりと見極めましょう。

 

20代初めての一番得なクレカはこちら