【初めてのクレジットカード比較】審査が通りやすいクレカの特徴!

クレジットカードを初めて比較、作る人でも審査が通りやすい楽天カード3つのポイント!

クレジットカードを初めて作る人でも審査が通りやすい楽天カード3つのポイント!

 

審査が緩いクレカはこちら

 

【審査の緩いクレジットカード比較】楽天カードは年収200万以下でもOK!

審査の緩いクレジットカード、楽天カードは年収200万以下の方でも審査を受ける事ができます。

 

クレジットカードを初めて作る時に一番気になるのは自分はクレジットカードの審査に通る事ができるのだろうか?という疑問や不安だと思います。

 

年収があまり高くなかったり、専業主婦や学生のように職についてなかったりして収入がなかったりすればなおさら不安だと思います。

 

しかし楽天カードは学生や主婦、アルバイト、派遣、新社会人のようなライト層に向けて積極的にクレジットカードを発行している為、公共料金等の未払い等重大な事故歴がなければ問題なく審査が通りクレジットカードもつ事ができます。

 

楽天カードは初めてクレジットカードを持つ人の登竜門みたいなもので、もし迷ったなら楽天カードにしておけば間違いないといえます。

 

 

楽天カードは物販系のクレカでは無く比較的審査の緩い信販系のクレジットカード!

楽天カードはクレジットカードの系統の中で一番審査が緩いとされる信販系クレジットカードなので初めての人でも審査が通りやすいです。

 

楽天はネットショップモールとして有名なので物販系のクレジットカードだと割と誤解されがちですが物販系ではありません。

 

楽天のネットショップモールは、あくまでも”楽天株式会社”が展開している一つの事業です。

 

楽天カードは”楽天カード株式会社”が発行しているので全くではないですが違う会社なのです。

 

下記のURLの事業内容を見てもらうとわかりますが、楽天カードを発行している楽天カード株式会社の主な事業は”クレジットカード、カードローン、信用保証業務 他”となっています。

 

なので楽天カードは信販系の分類になります。

 

楽天カード株式会社:https://www.rakuten-card.co.jp/corporate/

 

 

【初めてのクレカ比較】楽天カードは収入の無い専業主婦でもクレジットカードの申し込みができる!

楽天カードは収入の無い専業主婦、学生でもクレジットカードの申し込みができるようになっています。

 

普通クレジットカードは安定的な収入がある事が大前提で各クレジットカード会社はクレジットカードを発行しています。

 

ですが楽天カードは下記画像のように”お勤めされてない方”という選択肢があります。

 

クレジットカード-勤め-

 

もし専業主婦の方のように家事育児が仕事で収入がない場合がお断りの場合こういう選択肢は存在しません。

 

また、学生なら”学生の方”という選択肢も存在するので楽天カードがライト層を中心に審査を行ってクレジットカードを発行しているというのがよくわかります。

 

なので初めてクレジットカードを持つなら楽天カードの方が審査が通りやすく非常にスムーズです。

 

審査が緩いクレカはこちら


【初めてのクレジットカード比較】申し込む時に審査してもらう為に本人確認の為に身分証明書が必要!

身分証明

クレジットカードの審査は基本的にどこの会社も本人確認の為に身分証明書が必要になります。

 

身分証明書とはスタンダードなもので言えば運転免許証や保険証のようなものです。

 

身分証明書をもっていないとクレジットカードはいくら年収が高くても審査をどころか申し込みすらできないのです。

 

それではクレジットカードの申し込みに必要な身分証明書は何が使えるのか、何が必要なのかを解説していきます。

 

クレジットカードの本人確認の為に必要な書類を解説!

 

種類

提出方法

運転免許証

コピー

健康保険証

コピー

住民票

原本かコピー

マイナンバーカード

コピー

パスポート

コピー

 

運転免許証

車、バイク等の運転免許証です。
本人確認で一番スムーズな身分証明証ですね。
基本的に表面だけのコピーで大丈夫ですが、住所変更があったりして裏面に何か表記がある場合は裏面もコピーして提出しなければいけません。

 

健康保険証

基本的に持ってない人はいないので一番揃えやすいかもしれません。
こちらは両面コピーが必要です。

 

住民票

市役所、区役所等、役所に行けば発行してもらえます。
注意しなければならないのが発行してから6ヶ月たっていると無効になってしまうので発行から6ヶ月以内の住民票をコピーもしくは原本をおくりましょう。

 

マイナンバーカード(個人番号カード)

こちらも申請してれば発行してもらえます。
両面コピーが必要です。
注意しなければならないのがマイナンバー通知書のコピーだと使えません。

 

パスポート

市役所、区役所等の役所で発行してもらえます。
写真掲載部分と住所記載部分が必要なのでコピーして提出しましょう。

 

申し込み用紙と身分証明証に情報の相違がある場合、クレジットカードの審査には公共料金の明細や領収書が必要な事も。

 

上記の身分証明書と申し込み時の個人情報が違うと本人確認で提出物が増えます。
例えば結婚して苗字が違う、引っ越しして住所が違う等ですね。
その場合下記書類が2点必要になります。

 

・公共料金の領収書(電気・ガス・水道・電話・NHKのいずれか1点)
・社会保険料の領収書
・国税、地方税の領収書あるいは納税証明書
※領収書日付があり、発効日より6ヶ月以内で、本人名義のものに限る。

引用元:https://support.rakuten-card.jp/faq/show/101?site_domain=guest

 

もし本人名義で無い場合は変更届をだして正式な情報で身分証明証を作り直してからクレジットカードを申し込む事になりますので注意です。

 

クレジットカードの審査で一番手続きが楽な身分証明書は運転免許証か健康保険証!

運転免許証と健康保険証は一番手続きが早くて最強です。
クレジットカードの審査には大体この2点を送ってくる人が多いので審査部も手続き慣れしてます。

 

なので運転免許証や健康保険証は他の身分証明証よりも審査が早くなりやすいと言われています。

 

クレジットカードが早くほしい!面倒な手続きはいやだ!という人は運転免許証と健康保険証のどちらかをおすすめします。

 

 

クレジットカードの審査日数はクレジット会社によって違う!【楽天カードはほぼ即日審査!】

クレジットカードの審査日数はクレジットカード会社各社で大きく違いますが楽天カードは1,2営業日で終わります。

 

初めてのクレジットカードの申し込みが終わったらあとは審査結果を待つのみですがなるべく早くほしいですよね。

 

しかしクレジットカードの審査は本当に各社バラつきがあって特に三菱東京UFJや三井住友のような銀行系のクレジットカードは比較的審査が長いです。

 

それに対して楽天カードのような信販系は審査が1、2営業日くらいで終わるので楽天カード申し込みから約1週間程度で手元に届くイメージです。

 

審査が短いと煩わしくなくていいですね。

 

初めてのクレジットカード申し込みで記入ミスしてしまった場合はどうするべきか解説!【クレカ比較】

クレジットカードを申し込む際にに住所を間違えたり年収を1桁間違えたりと記入ミスをして提出してしまった場合はクレジットカード会社に連絡をしましょう。

 

初めてのクレジットカードの申し込みでちょっと不安になりながら記入をしていると手元が狂って記入ミスしてしまったのを気付かずに提出してしまう事があります。

 

もしハッとして記入ミスに気づいたらクレジットカード会社のコールセンターに電話して記入ミスをしたかもしれない事を伝えましょう。

 

そうすれば担当の人が修正してくれます。

 

もし記入ミスをしていて気づかなかった場合は正直どうしようもありませんが審査の時に審査担当の人が本人確認の為の身分証明書にある住所と記入住所が違っていたりすれば申し込み時に記入した番号に電話してきてくれます。

 

審査の人が電話をしてこなかったらその記入ミスは特に問題にならなかったという事なので安心していいです。

 

なので記入ミスをしたからといって審査に影響があるかどうかはそこまで深刻に考えなくても大丈夫です。

 

【クレジットカードを比較し初めて作る際の注意点!】会社や学校に在籍確認の電話がかかってくる場合がある。

クレジットカードを申し込む際に記入した会社や学校の電話番号へクレジットカード会社から在籍確認の電話がかかってくる事があります。

 

これは本当にその職場や学校にあなたが在籍しているのか?退職や退学になっていないのか?もしくは嘘ではないか?というのを確認する為にかけてきます。

 

実際かかってくる事はあまりありませんが、審査が厳しいクレジットカード会社ほどかけてくる確率があがります。

 

楽天カードのような審査が緩いクレジットカード会社が在籍確認の電話をかけてくるのは結構マレな事です。

 

実際私自身楽天カードを申し込んだ際は在籍確認の電話はかかってきませんでした。

 

また、学生や新社会人の場合は在籍確認がかかってこない所がほとんどです。

 

その理由は公表されていませんので正確な情報ではないですが、クレジットカードの在籍確認をかたっぱしからやろうとすると膨大な人員とコストもかかりますし、何より場合よっては在籍確認先の学校や会社の迷惑行為になりかねないので本当に怪しい、問題がある等の人にしか連絡がいかないようになっています。

 

その中でも学生や新社会人はもともとクレジットヒストリーというお金を借りて期日にしっかり返済しているのか?という履歴が少ないので信用はほぼ無に等しいので在籍確認する必要性があまり無いのです。

 

在籍確認するくらいなら限度額を一旦10万などにして様子をみるという方が効率がいいんですね。

 

学生や新社会人でクレジットカード審査の際に在籍確認の電話がかかってくる場合の例を解説!

在籍確認がかかってくる場合というのは例えば携帯料金や国民保険等公共料金の払い忘れが多かったりするとかかってきたりします。

 

学生や新社会人は先ほど説明した通りクレジットヒストリーが無に等しいですので、まっさきに見られる項目は公共料金等の支払状況です。

 

ここで滞納や遅延、不払い等あると在籍確認はまずあると思った方がよくて、最悪審査に通らない場合もあります。

 

クレジットカード会社の審査の在籍確認はどのようにしてかかってくるのか解説!

在籍確認の電話は「○○クレジットカード会社ですが」とはかかってきません。
各会社毎細かい所は違いますが、「私、田中と申しますが斉藤太郎様はご在籍でいらっしゃいますでしょうか?」と大体かかってきます。

 

なのでクレジットカードの在籍確認だとは通常ばれません。

 

しかしここで会社で自分以外の人がでて「どちら様でしょうか?」とか「どういったご用件でしょうか?」と聞かれてしまうとクレジットカード会社の担当の人は話す義務があるので答えざるえなくなるのでばれてしまう可能性もあります。

 

ただ学生や新社会人の方はほぼかかってきませんので心配しなくてもいいと思います。


【初めての比較クレジットカード審査基準】クレカの審査で見られる項目はこれだ!

審査で見られる項目

クレジットカードを初めて申し込んで審査の際に見られる項目は年収、職業、信用情報の主に3つになります。

 

クレジットカードの審査は各クレジットカード会社によってみられる項目は細かくいうとバラつきがあるますが、どこも大体「年収」、「職業」、「信用情報」の3つは重点的に見ていると思って間違いありません。

 

では何故この3つが重点的に見られているのかを解説いたします。

 

【初めてのクレジットカード比較】クレカの審査でまず見られる年収。

年収はクレジットカードの限度枠を決めたり返済能力があるのかどうかを見極める為にみられます。

 

クレジットカードは作ればいくらでも決済できるという訳ではなくて限度額というものがあります。

 

この限度額は年収によって大体決定されて初めてクレジットカードを作る場合はよっぽどの高収入でない限りは上限30万くらいになると思います。

 

30万も結構マレで平均10万〜20万の間で設定されます。

 

これはクレジットカード会社なりの使い過ぎ予防線で初めから限度額を多くしてしまうと初めてクレジットカードを持ってその便利さからついつい使い過ぎてしまうと返済できなくなってしまう可能性があるからです。

 

なのでしっかりと無理なく返済できる金額を設定する為に年収をまず審査するんです。

 

学生や主婦などの場合は家族全体の収入、世帯年収は書かなくてもよい。

学生や専業主婦などで収入がない場合は「0」と記入すれば良いので世帯年収は書かなくても大丈夫です。

 

学業に専念している学生や家事や育児で働けない主婦の方は収入記入欄がある場合、なんて書いていいかわからないですよね。

 

この場合、親や家族、配偶者の年収を合わせた世帯年収をかけばいいのか迷うかもしれませんがクレジットカードはあくまでも作った本人の責任下で使用するものなので世帯年収は審査に関係はありません。

 

もしかしたら指標として求めてくるクレジットカード会社があるかもしれませんがその場合は記入してあげましょう。

 

ただ、世帯年収の記入を求められてないのに記入してしまうと審査担当の人に不審に思われてしまう可能性もあります。

 

何故かというと世帯年収は個人の年収と考えると結構な額になる場合があるからです。

 

例えば学生の場合4人家族で平均300万の年収があった場合世帯年収は1200万になりますから学生で1200万の収入と誤解されてしまいます。

 

この場合、虚偽と判断されるか誤記入と判断されるかになってくると思います。

 

どちらにせよ面倒臭い事には変わりないので求められてなければ世帯年収は書かないようにしましょう。

 

【初めてのクレジットカード比較】クレカの審査で職業や業種が見られる!

クレジットカードの審査では職業や業種を見られてあなたの安定性を見極める為に審査されます。

 

職業と業種はいってみればあなたの生活の重要事項ですからクレジットカード会社もそこは流し見はしません。

 

職業と業種によってやはり安定性というのが変わってきます。

 

安定性というのはあなたが長期にわたり安定的に収入を得られるのか?という点です。

 

例えば誰でも知っているような大企業でしたらやはり安定していると思われますし、逆に従業員2、3人の小企業だとやはり安定性の評価は大企業よりは下がってしまいます。

 

業種も例えば55歳でとび職ですと体力面でも心配になってきますので安定の評価は下がります。

 

逆に公務員ですと抜群の安定性なので安定の評価はかなりあがると思っていいです。

 

職業と業種の審査はあなたがもし万が一があっても大丈夫なように調べてくれているのです。

 

審査が厳しいクレジットカード会社だと落とされてしまうかもしれませんが楽天カードのような審査が緩いクレジットカード会社だとそうそう落ちる事はありませんので迷ったら楽天カードのような審査が緩いクレジットカードを選ぶようにしましょう。

 

クレジットカードを初めて作成するタイミングで会社を辞職していたら前職での申込できません。

もしクレジットカードを初めて作るタイミングで会社を辞職していて在籍してない場合は前職での申し込みはできません。
クレジットカードをどうしても作りたいからといって現在在籍してない前職の内容を記入してしまうと後でとんでもない事になりかねないのでやめましょう。

 

どういう事になるかというともし在籍確認の電話がいって在籍してない事がわかると審査におちてしまいますし、下手すると自分の信用情報に虚偽としてキズがついてしまうかもしれません。

 

いわゆるブラックリストという事です。

 

でも例外もあります。

 

例えば退職が決まっているけどまだ退職日になっていなくて在籍している場合です。

 

この場合は退職はまだしてない状態なので記入する事ができます。

 

クレジットカードは産休中でも審査を受ける事ができます。

産休中の場合は会社制度で育休をもらっているなら在籍しているのと変わりませんので職業欄に記入して審査を受ける事ができます。

 

もし産休の為に退職してしまったらこの場合職業欄にはかけません。

 

専業主婦としての申請をしなければなりませんので注意しましょう。

 

初めてのクレジットカードの審査で最重要に見られる項目、信用情報提示機関【CIC】

クレジットカードで絶対に見られて最重要視されるのが信用情報提示機関のCICの情報です。

 

CICとは?

株式会社シー・アイ・シー(以下、CIC)は、クレジット会社の共同出資により、昭和59年に設立された、主に割賦販売や消費者ローン等のクレジット事業を営む企業を会員とする信用情報機関です。
また、CICは、割賦販売法および貸金業法に基づく指定信用情報機関として指定を受けた唯一の指定信用情報機関です。

 

消費者のクレジットおよび消費者ローンに関する信用情報(個人の属性・契約内容・支払状況・残債額など)を加盟会員であるクレジット会社などから収集し、それらクレジット会社からの照会に応じて情報を提供しています。
加盟資格を満たし、且つ厳格な加盟審査を経て入会した加盟会員は、信販会社・百貨店・専門店会・流通系クレジット会社・銀行系クレジット会社・家電メーカー系クレジット会社・自動車メーカー系クレジット会社・リース会社・保険会社・保証会社・銀行・消費者金融会社・携帯電話会社などで構成されています。


引用元:https://www.cic.co.jp/cic/part.html

 

この信用情報提示機関CICは簡単にまとめるとあなたがローンなどの返済等に未払いや延滞、滞納がないかどうかを記録している機関なのです。

 

そうです。このCICがすべてあなたの携帯電話や車のローンなどの返済、支払いしなければならないものを記録してるんです。

 

なのでもし支払いを延滞や未払い、滞納しているとこのCICのあなたの情報にその記録がされてあまりにひどいといわゆるブラックリストといって貸付要注意人物となり審査が通らなくなります。

 

逆にこういう記録をしてくれている事であなたが破産しないように守ってくれている側面もありますし、しっかりとしていればあなたがとても信用するに値する人だと証明してくれる側面もあるのです。

 

このCICの情報はクレジットカードの審査では最重要でみられるので身近な携帯や車のローンなどで未払い、延滞、滞納がないように注意しましょう。

 

CIC公式ページ:https://www.cic.co.jp/

 

【クレジットカードの審査クレヒス】CICの情報はクレジットヒストリーとも呼ばれます。

CICの情報はクレジットヒストリーとも呼ばれていて、略してクレヒスともよばれます。

 

どんな感じにクレジットヒストリーは開示されているのかというと下記の画像のようになっています。

 

CIC

参照元:https://www.cic.co.jp/cic/part.html

 

このようにCICに記録されたクレジットヒストリーをクレジット会社が見て審査し、他にも問題がない場合はクレジットカード審査がクリアする事ができます。

 

初めての比較クレジットカード審査の時に銀行口座の残高、預金残高は審査に多少有利です。

クレジットカードの申し込み時に預金残高を記入する記入欄があればクレジットカード審査には多少有利です。

 

例えば学生や専業主婦など収入が無い場合、少しでも審査を有利にする為に貯金を書いておくと審査担当者もそれを審査材料として使います。

 

ただ、クレジットカード会社によっては申し込み時に預金残高を求めていない所もあるのでそうなるとちょっと不利になるかもしれませんね。

 

ちなみ楽天カードは下記のように預金残高を記入する所があるので学生や主婦など勤めてない方でも有利に審査を進める事ができます。

 

預金

 

専業主婦や学生などクレジットカードを作るうえで無収入の場合は貯金残高は審査に影響する事も。

クレジットカードを初めて作成する学生や専業主婦などの方で無収入の場合、貯金残高は審査に影響する場合があります。

 

例えば上記の楽天カードの申し込み画面でいえば「なし」や「申告しない」にして貯金残高を申請しないとやはりクレジットカード会社からしたら返済できるのかどうかの判断材料が少なくなってしまうので多少審査には影響してしまいます。

 

なので確実に審査を通したい場合は預金残高の正確な金額を記入しておくといいでしょう。

 

クレジットカードを初めて比較して作る学生は学校や学歴は審査に関係はありません。

クレジットカードを初めて作る場合、学校のランクや学歴などは審査の対象にはなりません。

 

なので例えば高校に行ってなかったとしても、偏差値が引くい学校に在学していても審査に影響は絶対にしません。

 

クレジットカードは安定的な収益があるか、ちゃんと返済できる能力や責任能力があるかだけを審査しますので安心してください。

 

親のクレジットヒストリーが悪い場合は多少審査に影響してしまう事もある。

学生や新社会人で初めてクレジットカードの審査を受ける場合、親のクレジットヒストリーが悪いと自分自身の審査に若干影響してくる可能性があります。

 

これは何故かというと学生なんかは特にそうですが、万が一借りすぎてしまい返済が滞りそうな場合、代わりに返済してくれるかもしれない存在が親です。

 

基本的にクレジットカードは作成した本人の責任下の元で使用するのが大前提なので本人が責任を取るべきなのですが、親のクレジットヒストリーが悪いという事は世帯全体で経済的に困窮している可能性が少なくともあるわけです。

 

そうなると返済ができるかどうか怪しいとなってしまうわけですね。

 

基本的に親などの情報は審査対象にはならないと思いますがクレジットカード会社によってはそこも審査してくるので親に事故歴があるかどうかは聞いておいた方がいいかもしれません。

 

車のローンや携帯のローンなど他社からの借り入れは初めてのクレカ審査に影響するのか解説!

車や携帯のローンなどの他社からのローンを既に組んでいる、借り入れている場合は審査に多少影響します。

 

その金額と月々の返済額にもよりますがそれらが多いともしクレジットカードを使用した時に返済できずに破産してしまうのではないかというで審査に落ちる事もあります。

 

なので自分自身のローンの月の支払いが年収に対して4割以上あると審査で受かる事が難しくなってくると思った方がいいですね。

 

奨学金は初めてのクレジットカード審査に影響があるのか解説!

奨学金でも初めてのクレジットカード審査に影響がある場合があります。

 

奨学金は基本的に高額なローンになる事が多いので月々の支払いも割と多めです。

 

なのでこの場合奨学金の返済がない学生のうちなら審査に影響ないかもしれませんが返済が始まる新社会人の時点で年収が150万以下だとちょっと厳しいかもしれません。

 

ただ、楽天カードのような審査の緩いクレジットカードは限度額を5万〜10万に抑えて審査を通し、発行してくれる事もあるので一度受けてみてください。

 

仮に落ちたとしても信用情報にキズがつく事はありません。


【初めてのクレジットカード比較】審査で落ちてしまう事も?どういう理由で落ちるのか解説!

審査落ちる

審査が厳しいクレジットカード会社で審査が通らないならまだしも審査が緩いクレジットカード会社で審査が落ちる人は多くの場合公共料金の払い忘れによる未払い、延滞等の信用事故か、収入や預金額が極端にすくないといった2つにわかれます。

 

クレジットカード審査時に公共料金や生活費の滞納、延滞、未払い等の事故歴があると落ちやすい。

クレジットカードの審査は公共料金の未払いや滞納といった信用情報事故があると流石に審査が緩いといっても落ちやすくはなってしまいます。

 

ちなみにこの未払い、滞納等の記録があなたの信用情報についてしまうのは大体催促が来てから1、2ヵ月ほっとくとついてしまうもので払い忘れていて催促状が来た段階ではまだ大丈夫です。

 

ですが2度ある事は3度あるというように、やはりクレジットカード会社もそこを気にしてきますから信用情報にキズがあると審査に落ちやすくはなってしまいます。

 

ただ、確実に落ちるという訳ではないので一度最も審査が緩いといわれている楽天カードで審査を受けてみれば得する事はあっても損する事はありません。

 

公共料金や生活費の事故歴は支払いが済んでから5年で回復するといわれている。

もし信用情報にキズがついていて楽天カードのような審査の緩いクレジットカードで審査が通らなかった場合は5年まってみましょう。

 

公共料金や生活費の事故歴は大体5年で回復すると言われています。

 

なのでどうしても審査が通らないとなったら時間をおいてから再度申請してみてください。

 

そうすれば審査の緩い楽天カードなら審査が通りやすくなっていると思います。

 

今まで一度もローン等組んだ事がない、借り入れた事がないスーパーホワイトは落ちる可能性がある。

今まで携帯のローンや公共機関から一度もお金を借りずに現金主義できた人は審査が落ちやすくなる可能性があります。

 

今まで一度も借り入れた事がない人の事をスーパーホワイトといいますが一見よさそうなこういう属性の人が何故審査に通りにくくなるのかというと実績がないのでその人が本当にクレジットカードの返済をしてくれるのかわからないからです。

 

実は一回も借金がないというのは社会的にみると信用度としては0に近いものになって、これが歳を重ねるほどに厳しくなっていきます。

 

なので若い内からクレジットカードをもって信用を重ねるという事はその後の人生において社会的信用も高まり、もっと審査が厳しいといわれるローンなどを組む事がしやすくなるのでお得です。

 

スーパーホワイトでクレカの審査に不利なのは28才〜30代以降の人。学生や新社会人はほぼOK。

新社会人や学生の場合はスーパーホワイトでも特に不利なく審査に通る事ができる場合がほとんどです。

 

20代前半だとまだ社会にでたばかりという判断になってスーパーホワイトでもそこまで珍しくありませんし、社会的信用を積み上げる世代なのでクレジットカード会社も懸念はしません。

 

なので今まで一度も借入、返済した事ないという20代前半の方はそこまで気にしなくて大丈夫です。

 

クレジットカードの申し込み時に常識の範囲を超えた虚偽、嘘の記入。

クレジットカードの常識の範囲を超えた虚偽、嘘の記入は審査に落ちる場合があります。

 

常識の範囲を超えたというのは年収を何倍にもしていたり、職業欄を本当は勤めてないのに有名大企業にしたりと誤記入ではなく、あきらかに嘘を書いているとわかる事です。

 

これをしてしまうとまず審査には通らないので絶対にやめましょう。

 

嘘や虚偽の記入をしても確実にバレる。今後の他のローン審査等でも不利になるので絶対NG!

クレジットカード会社は日々色々な属性の人を審査していますので嘘を書いてもすぐにバレます。

 

また、嘘の記入はそれがバレると金融機関でその情報が回ってクレジットカードだけではなく、住宅ローンや車のローンといったものまで落ちやすくなってしまうので絶対NGです。

 

申し込みは正確に書くようにしましょう。

 

「初めての比較」クレジットカード会社の種類によっては学生や主婦、アルバイト、派遣、新社会人は審査が厳しい。

銀行系のクレジットカードなんかは学生、主婦、アルバイト等に厳しい傾向があります。

 

銀行系はクレジットカードの中でも群をぬいて審査が厳しいです。

 

しっかりとした収入形態が無いとまず通してはくれません。

 

逆に銀行系のクレジットカードをもてるようになった場合、社会的信用はかなり高くなったという事になります。

 

ですが初めてのクレジットカードですとハードルが高いし審査に落ちてしまう確率は高くなってしまうのでまずは信販系の審査の緩いクレジットカードで実績をつけましょう。

 

楽天カードの種類は信販系!学生や主婦、アルバイト、派遣、新社会人は落ちにくい。

楽天カードのような信販系のクレジットカードは初めてクレジットカードを持つ人にとっては最適なクレジットカードと言えます。

 

審査も緩いのでがっちりとした収入形態も必要ないので初めてクレジットカードを作りやすい傾向にあります。

 

 

なので楽天カードのような審査の緩い信販系のクレジットカードを最初に持って実績を作っておくのがおすすめです。

 

審査緩い